金時娘さんに会いに

 隊長の写真でカバーしなかったところを私のコンデジ写真でつづります。

 こちらのお山。 金太郎さんにまつわる伝説がいくつかあるようです。
帰ってきて知りました。

 つっかえ棒のしてある大きな岩。 

Img_3917kintokiyamakintokiyama

  二つに裂けていて、ここから金太郎さんが生まれたそう。

Img_3919kintokiyama


 他にもありましたが、私に余裕なし。

Img_3972kintokiyamakintokiyama



 金時山の登る楽しみの一つが、茶店の「金時娘さんに会う」でした。
とても有名で、テレビでも、アウトドアのお店に行っても話題になります。 

 店内にはTV出演されたときの写真や、芸能人の色紙が一杯でした。

 娘さんはなかなか厳しいお方。
「ちゃんとご挨拶しないと叱られるからね。」と隊長。

 その教えに従って行動した私たちは、なかなか模範的だったかも。
 毎日、山小屋を守るために金時山を登り下りされているとは信じがたいおさげの娘さん。 登ったからにはお会いしたい。

Img_3949kintokiyamakintokiyama


 可愛く描くとこんな感じ。

 「帳面に名前書いてってよ~」と言われ、私も。

Img_3948kintokiyamakintokiyama

 私、登頂1回目。

 右に目を動かすと2972回の方。
毎日登ったとしても何年?と言う回数です。 
そこまで数えられたのも素晴らしい。 

 自宅からおにぎりとおやつは持って行きましたが、こちらできのこ汁を注文。 大きなお丼に、大きなきのこ。 お近くで栽培されているものだそうです。 お味噌のお味もばっちりで、おにぎりがご馳走になりました。

Img_3963kintokiyamakintokiyama

 

 ここで、娘さんのフードフォト、指導がびしばし入ります。

  「お箸で高く持ち上げて~、もっと高く~」と。 憎めない娘さん。

    *******************************************************

 外にはこんな景色が広がります。 
晴れていれば富士山が右手方向に見えたはず。 

 芦ノ湖は見えていますね。 
随分高いところにあることがよく分かります。
Wikiで調べたら水面の標高が723mだそう。 

Img_3982kintokiyamakintokiyama_2
 

 もう少し寄ってみると、

Img_3983kintokiyamakintokiyama


 山裾の緑、ススキで美しい仙石原。
地図を上空から見ている感じ。 頭の中が整理できました。

Img_3986kintokiyamakintokiyama

 下山途中の乙女峠。 台があったので、きっとここから富士山が見えるんだろうな~と推測。

 以上で登山編は終了。
女子山は下山してからも楽しいのです。 

その1

 家族に、こちらのお店で焼き菓子を買う。

 Img_4000kintokiyamakintokiyama

その2

 温泉で汗を流す。 

 駐車場に到着した途端天気が荒れ、狙われたようにあられが降ってきましたが濡れても平気、これから温泉。 

Img_4003kintokiyamakintokiyama

 
 汗を流し、疲れた体をほぐし、ほっとしました。
この日も大変充実した一日でした。 

S__1835802kintokiyama



 なかなか体を動かすのも億劫なお年頃。 機会があればまた連れて行って下さいね。 お世話になりました。 ありがとう。 本当に楽しかったです。

 翌日から二日間は、階段を下りる時に筋肉痛は辛かったけれど、頑張った証です。

 
 

 

 

 

|

金時山 1212m

5月29日(木) 

今年初めての登山に連れて行っていただきました。
女子三人で出掛けましたが、一番最後に登ってくれた隊長のSさん。

 私は体力に自信がなくてコンデジしか持っていけないのに、フルサイズ片手に登ってくれ、一杯激写してくれました。

 せっかくなので、後姿だけですが、撮って頂いた写真だけで今日の日記を書きます。

 

 三人ともご近所さんなので、一台の車で登山口まで。
運転をして下ったのも隊長。

 8:15 登山開始。

 Img_2046kintokiyama


 新緑が美しいです。
この日は、暑かった。 「日焼け対策ばっちりにね~」と言う指示があったので長袖着てみた。

Img_2048kintokiyama


 カメラマンの隊長と私の高校からの同級生、副隊長。 
彼女も何でもこなすばりばりのスポーツマン。  私など足元にも及びませぬ。 

 なので、登る前、「迷惑かけずに戻って来れますように、足ひっぱりませんように」と、神頼み。

Img_2055kintokiyama

 歩きながら撮ってくれてるのでぶれてるけど、雰囲気大好きな一枚。
ぶれてるのなんて関係ない好きな写真もありますよね。 
Img_2057kintokiyama

Img_2080kintokiyama


 公共の交通機関を使うとこの時間には来れないはず。
なので、登山道は貸切状態。 は~は~息を切らしながらもおしゃべりは止みません。

 日焼け虫除けに着てた長袖をとうとう脱ぎました。

 自分の後姿なんて見たことないので、物凄く新鮮。
色んな意味でまじまじと見てしまう。

Img_2085kintokiyama

Img_2086kintokiyama


 延々続く登りの階段。
「もう無理」、「もう絶対やだ」と思いながら、足を動かしているといつの間にかクリア。 そして、また階段。 その繰り返し。

 今回一番の難所の縄場。 
木の根っこがあると歩きにくいけれど、それを手すりがわりに登れるから助かります。

 山登りしないと、普段の生活ではこんなに足をあげることなんてないですよね。 

Img_2095kintokiyama

 そして、9:50頃無事山頂に到達。
残念ながら富士山は見えませんでしたが、それ以上に楽しいことがあったので全然OK。 富士山はまた次に期待いたしましょう。

 そして、怖がりの私にはとても出来ませんが、隊長&副隊長はこんなこと。
隊長のカメラで私が撮影させていただきました。

 もっと寄りのもあるけれど、どんな場所に立っているか、どんなに雄大な場所であるかを分かっていただくためにあえて引き。 

 こわ~い。

Img_2155kintokiyama

Img_2162kintokiyama

 

 片足あげてるし。 信じられない。
鳥が下を飛んでました。

 

 連写こそしなかったけれど、ぱらぱら漫画になるくらいの枚数撮ったよね。

 下山開始 11:30。

 家に居るとやっと活動しだすような日もあるのに、なんと有意義な。
一仕事も二仕事も終わったような気分になります。

Img_2187kintokiyama


  登りとは異なるルートで下山し、バス道に出たのが 1:30。
頑張りました。 

 隊長、全部色々ひっくるめてありがとうございました。
 副隊長、盛り上げてくれてありがとう~。 
お陰で頑張れました~。 また次がありますように。

|

水仙

  吾妻山は、駅から坂道を上がり、それから300段の階段を上ります。
今年は、友人のお陰で、以前よりも楽に登れました。 階段が自分の歩幅に合ってないのが辛かったけれど。 

 コンクリートの階段を上りきると、木立。 
足元には、水仙が満開で、よい香りを漂わせています。

Img_3774

 山頂からは相模湾。 のどかな日でした。

 Img_3835

 山に詳しいお友達と一緒だったので、周りの山々も気になります。 

 最近は、スマホの山カメラ(アンドロイド)で、山の名前も分かる人が見ればわかるようです。 私にはちょっと難しい。  これは箱根の山々でしたっけ。

Img_3845

 そして、西方向に連なるこちらの山々。 沼津アルプスと言うそうですよ。
いいですね、沼津。 海も山も近い!

Img_3877


 東海道新幹線が走っているのも見えました。 今度乗ったときに注意してみよう。

Img_3855

 

Img_3868


 山頂は、気持ちのよいピクニックエリア。

Img_3872


  お昼を過ぎると人も少なくなりました。 

Img_3941


 

  またもや、水仙を撮影しながら、ゆっくり下山。

Img_3969


  早くピンクのお花を撮影したくなっています。

 今回は友人が車を出してくれました。
車で約一時間。 うちから富士山が見えていればGOrvcarと約束していましたが、明るいうちに帰ってこれ、満足な撮影&ハイキングでした。 ありがとうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菜の花

 また一日、さかのぼります。
1月23日、二宮の吾妻山に菜の花と富士山を撮影に行きました。

 こちらのお花は早咲き。
既にお花の下のほうが種になってるものありました。 もう少し早い時期に行ってもよかったのかもしれません。

 まずは定番ショットから。 

Img_3823


Img_3816


Img_3820

 

 

 Img_3811

Img_3861

 3時間ほど山頂にいましたが富士山もずっと見え、薄手のダウンがいらないほど暖かでした。

Img_3894


Img_3918

| | コメント (2) | トラックバック (0)

天園、獅子舞ハイキングコース 紅葉編

 先月、山登りとして行ったのは、11月15日
 昨年、1人で行ったのが、 12月10日

 今回はどんな風になっているでしょうか。

Img_2208kamakuraalps


Img_2212kamakuraalps


 この辺りまではあまり人にも会わなかったのに、ここから鎌倉宮に下る紅葉の名所は賑わっていました。 どこかのインタースクールの遠足もあったようで、英語が飛び交い、まるで外国みたい。

 女性ばかりのシニアグループの方達。 お花を見るグループだそうです。
その中に82歳の方がいらしてびっくり。 百名山を登ってらっしゃるそうで、とてもそのお年には見えなかった。 お仲間が居るのは大切です。 

  曇っていたので残念ながら富士山は見えず。

Img_2215kamakuraalps


Img_2227kamakuraalps


Img_2234kamakuraalps

Img_2240kamakuraalps

Img_2246kamakuraalps


 イチョウともみじの大木がお目当てです。
銀杏も沢山落ちていました。 

 Img_2249kamakuraalps


Img_2273kamakuraalps
 ここまで来るともう安心。 
久しぶりにハイキングされたお二人は大丈夫だったかな。 
今年は、いくつか山を登ったので楽でしたが、昨年はばてた私。

 時計を見ながら、お昼に行った先は、やっぱり同じ。

Img_1986kamakuraalps

 ご満足いただけました。 
またゆっくりおでかけしましょうね。 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鎌倉散歩

 12月4日(水)、オランダ時代のお友達お二人とご一緒にまたまた鎌倉アルプスへ行ってきました。 前回、お山隊長に教えていただいたそのルート。 

 紅葉はどうかな。 迷えずに行けるかな。 
北鎌倉で下車します。

 先週のことなのに、このリース、どこで撮ったのか忘れました。 
明月院までに、こんなところあったかなと、じっくり考える。

Img_1978meigetsuin


 思い出しました。 葉祥明さんのミュージアムでした。 
思い出せてよかった。。。 

 ハイジさんから伺っていた、明月院の丸窓。
この日はもう手前のもみじが落葉していますね。
そのせいか、混雑はしていませんでした。 

Img_2195meigetsuin

 後ろのお庭も公開されている日だったので、人影も写っています。 

Img_2199meigetsuin


Img_2203meigetsuin


 いつもおしゃれな花地蔵様。 

 ご一緒のお二人は、写真がご趣味の方ではないので、私の撮影もほどほどにhappy01 と、言い訳。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

信仰の山

 日本の山を登っていると、そこにはいつもお寺や神社があることに改めて驚きます。 山 = 信仰ですね。

Img_1693tengu

 高尾山は、天狗信仰の霊山としても知られているそうで、薬王院のあちらこちらに天狗様。 

Img_1699tengu

 鼻の長い天狗は絵本でも馴染み深いのですが、初めてみたくちばしのこちらは。。。 
Img_1702tengu

 帰宅して調べたら、

“鼻の高いのを「鼻高天狗」、鼻先が尖ったのは「烏天狗」あるいは「木の葉天狗」という。”、とありました。 

Img_1709tengu


Img_1710tengu


Img_1731tengu

 
 天狗は空を飛ぶことも出来るんですね。 
調べると奥が深そうですが、それはまた今度。 

 ミシュランガイド三ツ星の高尾山、またゆっくりと訪れたいと思います。 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高尾山 山登り編

 日曜日、突然高尾山に行きたくなり、夫を誘って二人で登って来ました。
ミシュランガイドで、最高ランクの“三つ星”の観光地に選出されている高尾山、おそらく関西人の私は登るの初めて。

Img_1666

 土日の混雑は覚悟していましたが、本当にすごい人でした。
そして、とてもインターナショナル。 色んな国の言葉が聞こえてきます。

 上りも下りもケーブルカーは70分待ち。 乗らないほうが速いですね。
前日いらしたお友達にお手洗いも長蛇の列だと聞いていて良かった。 

Img_1668


 いくつか登山ルートがあるようですが、登りは稲荷山ルート。

Img_1673

 きつい場所もありましたが、へこたれずに登れました。

 頂上から見えたうっすら富士山が見えたのも嬉しかったのですが、それ以上にその前に幾重にも重なる山の濃淡が見れたこと、とても幸せでした。

 風景写真を撮られる方のこんな写真を見て、自分の目でも見てみたいとずっと思っていました。 叶って嬉しい。  

 

 

Img_1679

 この写真だけを見ると静かな感じですが、山頂は人でごった返していました。 下の写真の人影見えますか。  乾燥している日だったので埃がすごかったのに、シート広げてお弁当召し上がってる方も大勢いらっしゃいました。

Img_1684

 下りのケーブルカーとリフトも空いてるわけがなく、やっぱりの70分待ち。
どうやら整理券が配られていたようです。 私たちは、混雑を横目に下ります。 

Img_1748

 下りはアスファルトでヘアピンカーブの1号ルート。

Img_1747



 固いアスファルト道は、傾斜が急だと体に響きます。 
やっぱり自然のトレイルが好き。 

 お参りした薬王院は次に書かせいただきます。 

Img_1749




 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大山

 写真がたまっています。
紅葉とイルミネーションが同時にやってきた。 大変大変。

 11月18日(月)。
まだ紅葉には少し早いかもしれないと思いながら大山に出掛けました。

 この日の、目的は山登りではなくて写真。 

Img_1425


 平日だと言うのに、第一駐車場は満車。
少し下の、お土産屋さんに停めさせて頂きました。
一日千円。 鍵をお預けするって言うのはちょっと心配ではありますが、日本では心配無用でしょうか。

Img_1534


 登山ではないので、一気にケーブルカーで終点駅・阿夫利神社駅まで上がります。 

Img_1453


 お天気が良かったので、増発便が出るほどでした。

Img_1445


  11月23日から夜のライトアップも始まるようで、少し早かったのかもしれません。 

Img_1446


 ご一緒いただいたお二人さんは、今回初のご対面。
共通の話題が沢山あり、初対面とは思えない楽しさです。 

Img_1450


 お天気は良かったけれど、暖かかったので景色は白い。
うっすら江ノ島も見えました。 

 この日の一番の見ごろは大山寺下のこの階段。

Img_1471

Img_1512


Img_1520


 お天気は良かったのですが、上でゆっくりしすぎ、一番見頃だった大山寺にたどり着いたときは、山の陰になっていました。 
残念。 

 初めて出掛けた場所につき、時間配分間違えましたね。 
今回もロケハンということで。 楽しかったから「よし」とします。 

187065_3


  で、お昼を食べたのはケーブルカーで下まで降りた後の3時過ぎ。
大山はお豆腐でも有名なので、お豆腐づくしを頂きました。 全部お豆腐料理。 お豆腐だけでこれだけバラエティーにとんだお料理が出来るんですね。

 この週末のアド街、大山特集でした。 
それを見てまた行きたくなっています。 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柚子ゲット

 大平山山頂を少し下ったところに富士山が見える見晴台もありますが、この日はあいにくの曇り空。 丁度、雨もぽつぽつ降ってきた。

 大急ぎでかっぱを着、足早に少し下ったところの茶店に入りました。
(これも山ガールトレーニングの一貫ですhappy01

Img_1204kamakura

 すごく気さくなおばちゃん。 
山部長は、おばちゃんと面識があるようで、話が弾みます。
おばちゃん、カメラのことも詳しくてびっくり。 

Img_1205kamakura


 一皿注文して、一本ずつ仲良く頂きました。 おいしいねぇ。 

 訳あって、おばちゃん枝切りバサミを組み立てて、柚子を採ってくれました。

Img_1211kamakura

 この高枝切りバサミ、切るのは便利だけど、切り取った柚子を外すには、ヘルプが要るようで。。。 

 Sさんの出番。 キャッチ~。

Img_1238kamakura


Img_1226kamakura




Img_1244kamakura


 もぎたての柚子、とても良い香りでした。
帰ってきた翌日、大根一本丸ごと使って、柚子大根を作り、 
写真を撮ろう撮ろうと思っていたのに、気がついたら全部なくなってた。


 入り口には、おばちゃんとお客様合作の大きなクリスマスリースがあります。 

Img_1240kamakura


  Img_1210kamakura_2

 愛を感じる茶店でした。 おばちゃん、ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)